【豆知識】オートアルバム収納優先ならマックスの枚数で!ハードカバーの背幅は同じ!

320枚マックスでオートアルバムを作った

先日から、少しずつ子供の運動会の写真をアスカネットのオートアルバムで、フォトブックにしています。

今度は、下の子が小学校6年生の時の写真をオートアルバムにしました。

この上のオレンジ色の表紙のフォトブックです。

130207autoalbum1

下の子しか写ってないのに、何百枚とあって、載せる写真を選ぶのが大変でした。

オートアルバムは、A4サイズで1ページに写真を4枚載せると、320枚まで掲載できます。

320枚まで選ぶの大変とか、撮りすぎや!とか思いますね。

いや、撮ってもいいのですが、その後、取捨選択するのも大事!

連写で撮ってるから、同じような写真が並んでいて、パソコンで見て楽しむには、疲れてたんですよね。

ベスト!(といっても320枚ですがw)までに絞ってフォトブックにしたので、やっと見て楽しめる状態になりました!

背表紙の幅は同じ

そして、ふと思いついて、前回作ったオートアルバムと、今回作ったオートアルバムの幅を比べてみました。

背表紙は同じ幅。

130207autoalbum2

だけど、開く側の厚さが違う!

130207autoalbum3

ちなみに、前回作ったのは44ページ、今回作ったのは80ページです。

つまり、これから言えることは、

収納優先なら、ハードカバーのオートアルバムの場合、なるべくまとめてマックスのページ数で作った方がいい!

ということだと思います。

と言っても、イベントごとにまとめた方がすっきりしますから、その辺はバランスの問題ですね。

オートアルバムのサイトを見ると、ハードカバーは背幅11mmで固定、ソフトカバーは背幅2mm-7mmと書いてありました。(2013/02/07現在)

あまりページ数がないオートアルバムを作る場合は、豪華さにはちょっと欠けますが、収納を考えるとソフトカバーの方が良いのかもしれませんね。

収納優先の方への参考豆知識でした!

オートアルバムについてさらに詳しく知りたい方は、前回書いたこちらの詳細レビューをどうぞ!

▶ オートアルバムの詳細レビューはこちら

アルバムみたいなフォトブック ▶ オートアルバム

タイトルとURLをコピーしました