カラーネガフィルムのデジタル化検証その1:カメラのキタムラでフジカラーCDを利用する

では、まず、お店を利用してフィルムをデジタルデータ化する方法を考えていきます。

お店利用ならカメラのキタムラ

まず、思いつくのが、カメラショップのフィルムスキャンサービスです。

それぞれのお店でやっているサービスもあるかもしれませんが、とりあえず、全国どこでも比較的利用しやすいサービスと言えば、カメラのキタムラで利用できるフジカラーCD。

130215fujicolorcd

利用方法

フィルムをフジカラーCDにする場合は、ネットでは注文できません。

取り扱いのあるお店の店頭にフィルムを持ち込み、CDを作成してもらいます。

作成方法です。

1本のCDにフィルム5本まで、または200コマまで保存できます。
フィルムが6本以上、もしくは201コマ以上の書き込みは複数の枚数のCDが必要となり、料金も加算されます。
CD書き込みの画素数は、200万画素相当となります。(フォーマットはJPEG)

参照ページ ▶ フジカラーCD

2種類あるので注意

料金はカラーネガフィルム1本につき530円。(記事執筆現在)

画素数は200万画素相当。

なのですが、実は、事前にキタムラのサイトを見た時には気づかなかったのですが、実際に店頭へ行ってサービスをお願いすると、もう1種類ありました。

隠しモードか!!

ちょっと今手元にもらってきた資料がないので、あれなんですが、記憶によれば、確か300円台で、画素数はもっと低い画素数だったと思います。

でも、イマドキ200万画素以下とかありえんし!ということで、200万画素でお願いしました。

フジカラーCDの実力

さて、帰ってきたデータを確認すると・・・

うーん、あまい・・・

でもこれが、200万画素だからあまいのか、自分の腕が悪くてあまいのか、イマイチよくわかりませんww

昔のわたし、結構写真へたっぴ!

ピントあってないぞ!おい!

わたし基準で行くと、最低ラインの品質はあるけれど、満足の行く画質かというと、微妙なところでした。

200万画素だし。

そして、わたしが写真撮ってるのがそもそもへたっぴだし。

さらに、フィルムが劣化してセピア色というか、ピンク色になってしまっています。

自動で色調調整などはないようです。

まあ、それをやったらこの値段では無理ですよね。

とりあえず5本ほど出してみたのですが、ほかの方法も試してみることにしました。

2017/02/13追記:fujifilmで新しいフィルムスキャンサービスが始まっています。画素数300万画素で値段的にもリーズナブルな気がするので、今度使ってみたい。

▶ 写真フィルムのフィルムスキャンサービス

タイトルとURLをコピーしました