40代からの写真整理ガイド

フォトブックで、家族写真・旅行写真・イベント写真をすっきり整理!

40代・50代ともなると、重いアルバムは手に取るのも億劫になってきます。 こどもが手を離れ、体力がある今のうちに、写真の棚卸しをし、すっきり整理して、厳選した写真をフォトブックにして楽しみましょう!

写真データの保管方法、ソフトいらずで簡単ストック!バックアップも!

      2015/09/01

写真データの保管にソフトは必要ありません

まず最初に、パソコンに取り込んだ写真データの保管方法について見直しましょう。

あなたは、写真データの保管にはなんらかのソフトが必要だと思っていませんか?

もちろん、そのソフトを気に入って使っているのであれば、何も問題ありませんが、使いにくいなあとか、面倒くさいなあと思っているなら、ソフトを使うのをやめてはどうでしょう?

スポンサーリンク

管理人は、ブログを運営している関係もあって、大量に写真を保管しています。

でも、写真の管理・保管自体には、ソフトは何も使っていません。

ソフトを使うと、ソフトのバージョンアップや設定が煩わしいからです。

とは言っても、最近の写真管理ソフトは、顔認識機能があったりして、便利は便利ですから、そういう機能が使いたい方は使えばいいのですが、ソフトなしで、写真を管理したい、という方のために、わたしの写真管理方法をご紹介します。

フォルダは、年月日+イベント名

わたしの写真管理は、パソコンのウィンドウズに元からついてあるものを利用しています。

フォルダを作って、写真を放り込み、たまったら、DVDに焼くだけです。

超簡単!

ただ、なんでもかんでも放り込んで焼くわけではなく、これには、コツがあって、あとから検索しやすいようにしておく、というものです。

具体的には、写真をイベントごとにフォルダに保管しますが、フォルダの名前つけがポイントなのです。

年月日+(家族名)+イベント名

これが最強です。

たとえば、

「20120812家族旅行北海道1日目」
「20121018たかし親子遠足」
「20121222きょうこヤマハ発表会」

のように、年月日と、特定の家族の行事なら家族名、そしてイベント名をフォルダにつけ、そこにその時撮影した写真をどんどん放り込んでいいます。

1年分たまったら、まとめてDVDに焼きます。

DVD作成は、ウィンドウズの標準機能でできますから、新しいソフトは必要ありません。

たったこれだけ。

とても簡単でしょう?

外付けハードディスクで写真データのバックアップを

ただ、これだと一つ問題点があります。

パソコンに取り込んだ写真データが、DVDに焼くまでは、1カ所にしか存在しないことです。

パソコンというのは、時に、壊れたりしますので、データのバックアップが必要です。

たまった写真をDVDに焼くまでの間、もう1カ所にデータを保管しておく必要があるのです。

これは、外付けハードディスクを設置することで、簡単に解決できます。

パソコンに外付けハードディスクを接続し、写真データを外付けハードディスクにも保存すれば、2カ所に写真データを保管できます。

圧縮タイプのバックアップソフトはやめた方がいい

写真の外付けハードディスクへのバックアップには、バックアップソフトを使うと便利です。

ただし、バックアップソフトを選ぶにも注意が必要です。

管理人は以前、外付けハードディスクに付属していたバックアップソフトを使っていて、ひどい目にあいました。

うっかりバックアップソフトのバージョンアップを忘れていたら、いざ、パソコンがクラッシュした時に、せっかくバックアップしたデータが取り出せないことがあったのです。

バージョンアップを怠ったわたしの自業自得ではありますが、これでは、なんのためのバックアップソフトか、わけがわかりません。

そのソフトウェアは、データの保管場所を少なくするために、写真データを圧縮して一つのファイルにしてしまっていたので、写真データを取り出すときに、再びソフトウェアを使わないといけないタイプだったのです。

幸い、ほとんどの写真データはDVDに焼いてありましたし、DVDに焼いてない写真データも、ほかの場所から無事救出できたので、事なきを得ましたが、それ以来、圧縮タイプのバックアップソフトは使わないことにしています。

おすすめバックアップソフトはRealSync

現在、管理人が使っているバックアップソフトは、無料ソフトのRealSyncです。

▶ RealSync|Vectorソフト詳細ページ

ファイルを、そのまま希望する場所へコピーできるバックアップソフトです。

コピーしたファイルは、そのまま閲覧できますので、バックアップしたファイルを解凍する手間などはまったく必要ありません。

手動でのコピーもできますし、時間を設定して、自動でコピーさせることもできます。

変更になった部分だけの差分コピーも可能です。

写真データだけでなく、パソコンの需要ファイルも一緒に定期的にバックアップするのがおすすめです。

写真データのバックアップ体系

さて、こうして写真データをバックアップしますが、好みに応じて、バックアップ体制を整えてください。

Rank1 パソコンに取り込んだだけ:危険!おすすめしません
Rank2 パソコンに取り込む+外付けハードディスクでバックアップ
Rank3 パソコンに取り込む+外付けハードディスクでバックアップ+DVDにバックアップ
Rank4 パソコンに取り込む+外付けハードディスクでバックアップ+DVDにバックアップ+外部クラウドサービスの利用

Rank1は、たいていの人がしていると思いますが、パソコンがクラッシュしたら写真データも消失しますので、おすすめできません。

Rank2は、パソコンクラッシュへのバックアップ体制はとれていますが、雷などで運悪くデータが消失する恐れがあります。

Rank3が、通常の方におすすめです。

ちなみにRank4は、火災や地震などの天災を考えると、手元にデータをバックアップしておくだけでは、不安だ、という方向けの最強バックアップ体制です。

ご自分の好みに応じて、写真データを保管しましょう。

スポンサーリンク

おすすめの記事

お花見フォトブック 1
お花見写真のフォトブックをココアルクイックワイドで作ってみた!【モニター】

webに写真をアップロードせず、パソコンにソフトをインストールしてフォトブックを ...

130407photobook1 2
期間限定?980円で作れる!母の日にプレゼントする孫orペットor旅写真集!!

母の日にフォトブックをプレゼントしよう! そろそろ今年の母の日ギフトは何にしよう ...

130310photodischolder3 3
画像DVDを2分の1のスペースで2倍すっきり収納できるミニラボの可愛いフォトディスクホルダー

画像DVDが邪魔? 家族の写真データをDVDに保存した場合、DVDの保存スペース ...

 - 写真画像の整理